千葉市で永代供養をしている寺院の特徴

subpage01

千葉県千葉市には様々な宗派の仏教寺院があり、そのほとんどで永代供養を受け入れています。千葉市にある永代供養を行っている寺院の特徴ですが、一番の特徴は費用が通常のお墓と比べるとかなりリーズナブルな点があげられます。通常のお墓の場合だと暮石代や土地代などで約1000万円程度の費用がかかります。

それにプラスアルファして管理費も年間1万円程度かかります。

それに比べて永代供養の場合には暮石代の200万円と年間管理費1万円程度の費用ですみます。
現金がない場合のために寺院によっては金融機関と提携している場合があり、そちらが提供するローンを利用する事もできます。通常のお墓の場合だと葬式の後の定期的な法要は、全て喪主がスケジュール管理などを行う必要があります。
住職とのやりとりも行わなければいけません。

その際のご供養もお墓代とは別になります。しかし永代供養を依頼している場合にはそれらの作業は全て寺院側で行ってもらえます。



別のご供養も必要ありません。そのため寺院から遠方に住んでおりなかなかいく事が出来ない人でも安心して任せる事が出来ます。


永代供養の場合、寺院が定める期間が過ぎたら合葬となりますが、その時でも寺院の宗派のやり方に沿ってきちんと供養してくれるので安心です。



通常のお墓の場合だと檀家になったり機関紙を購読する必要がありますが、こちらの方法だと無理に檀家になったり機関紙を購読する必要はありません。

Yahoo!ニュース情報が揃っています。